NACCSについて
トップページ > NACCSについて > NACCSの概要

NACCSの概要

 NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)は、入出港する船舶・航空機及び輸出入される貨物について、税関その他の関係行政機関に対する手続及び関連する民間業務をオンラインで処理するシステムです。
 旧NACCSは、航空貨物の手続等を行うAir-NACCSと海上貨物の手続等を行うSea-NACCSがそれぞれ独立したシステムとして稼動しておりましたが、平成20年10月のSea-NACCSの更改及び平成22年2月のAir-NACCS更改を機に、システムの見直しを行い、Air-NACCSとSea-NACCSを統合するとともに、国土交通省が管理・運営していた港湾EDIシステムや経済産業省が管理・運営していたJETRASなどの関連省庁システムについてもNACCSに統合し、新NACCSとして稼動を開始しました。
 また、新NACCSは、新たに荷主、海貨業、NVOCC等を参加者に加え、港湾・空港における物流情報等を総合的に管理するプラットフォームシステムとして利便性の向上を図っています。

主な業務

 システムでは、税関その他関係行政機関に対する手続及び関連する民間業務を一元的に処理しています。

航空貨物の輸出入等関連手続イメージ

 航空機の入港、輸入貨物の空港到着から国内引取するまで、輸出貨物の運送引受けから航空機搭載までの一連の税関手続及び関連民間業務をシステムで処理しています。

海上貨物の輸出入等関連手続イメージ

 船舶の入港、輸入貨物の船卸しから国内引取りまで、輸出貨物の保税地域への搬入から船積み、出港までの一連の税関手続及び関連民間業務をシステムで処理しています。

  • NACCSについて
  • ご利用をお考えの方
  • NACCSセンターについて
  • 調達情報
  • 各種資料
  • リンク
NACCS掲示板